工学院大学グリークラブOB会合唱団   

  工学院大学グリークラブOB会合唱団   のナビゲーター   topページ  

2017年度組織運営図

2017 - 08/03 [Thu] - 20:41

2017年度グリークラブOB会の運営体制

 2017年4月22日にグリークラブOB会総会が開催され2017年度の役員および運営組織体制の審議が行われ承認されました。2017年度の役員および運営の組織役割図は下記の通りです。

2017年度組織役割図

2017年7月22日練習報告

2017 - 07/26 [Wed] - 20:25

工学院大学グリークラブOB会
7月22日(土)練習報告

2017.7.26 BsPM西尾誠


暑中お見舞い申し上げます

標記について、概要の報告をさせていただきます。

2017年07月22日練習-01出席者OBの総数は、26名でした。 各パート別は下記の通りです。(敬称略)
 T1  7名: 鷲尾、田中、内山、知念、小谷、横須賀、鈴木(均)
 T2  6名: 石田、柳沢、小笠原、仲野、山崎、長谷川
 Br  7名: 久保、赤沼、酒井、村上、鈴木(康)、山田(昇)、廣住
 Bs  6名: 角田、内田、早川、矢澤、野口、西尾

  ※八王子キャンパス現役学生の“アカペラサークルΣ”から3名(酒井香凛さん、金子侑香里さん、久木田一樹さん)が参加されました。

2017年07月22日練習-03練習会場のアーバンテックホールに入室したら、Brパートが“パー連:水のいのち”の音取りを先行されていた。 Bsも知念さん支援により “Ave verum corpus”の反復練習を行いました。

定刻(13時)となり、田村氏欠席の為 小笠原氏の音頭でラジオ体操第一と脚部や首回りのストレッチをしました。
指揮者、鈴木(均)氏に依る発声練習並びに呼吸法による声出しの基礎動作を反復して、“校歌”より練習を開始しました。

2017年07月22日練習-02“アカペラサークルΣ”から参加の酒井さんと金子さんは テナーエリアに参入、久木田さんはバリトンに参入のステージ配列でした。
 八王子祭の出演、最初に歌う“校歌”は、一番は斉唱(全員メロディーラインで歌う)、二番、三番で合唱(4声)に転じますが、メロディーラインを歌うパートを牽き立てる意図から他のパートは控えめに歌う処があります。Bsは概ね裏方に徹するのが望ましいようです。

2017年07月22日練習-07本日は指揮者、赤沼氏のご都合(15時まで)もあって… (8/19ピアニスト伴奏付き)の“水のいのち”を重点的に行うことから練習を開始しました。

男声合唱組曲「水のいのち」は、全5曲[1 雨、2 水たまり、3 川、4 海、5 海よ]で構成されています。

此れまでに「雨」→「水たまり」→「川」迄歌って来ていますが、終曲に至るまでには 未だ相当時間を要するでしょう。

以前にも話題にしましたが、楽譜のp52の“演奏上の注意”を是非ご覧になって下さい。 指揮者赤沼氏が色々我々に伝えようとされている事が細かに掲載されています。 思い当たる節が有る筈です。 そろそろ気持ちを入れて遣る頃かと皆さまの集中力を結集して気張りましょう。

2017年07月22日練習-05“1 雨”は (歌う)流れを途切れの無いように(休符以外)歌いつなげるのがコツです。

 Bsのブレス(以後、レ点)は、p4上段2小節の「すべーて」の「す」の手前にレ点、下段の2小節「また横たわる」の「ま」の手前にレ点 以降も同様のパターンが続くので注意です! P7上段2小節から「かれーたいどー」では、「か」の手前でレ点、「いどー」で太く膨らますような歌い方を求められています。

P10の下段「もののてにー」では、ritが掛かっていますので、指揮(左手)に注意です。

2017年07月22日練習-06“2 水たまり”は、曲の流れに「強・弱・中強・弱」の動きがあります。 ♪に・が付く処(スタッカート)と無い処の区分や、♪に_が付いている(テヌート)を明確に表現して歌うナド‥。 この章では「いのち」と言う言葉を連発して強調しています。

そして“3 川”は動きのスピード感を諸々の表現(ブレスの変化や繰り返し)で川の流れを一層強調しています。 此処で時間となりました。

指揮者、鈴木(均)氏に交代。 八王子祭で歌う予定曲、ロシア民謡の中で“アムール河の波”と“トロイカ”を反復練習しました。

続いて指揮者、知念氏に変わり、元気な曲をと言うことで“ウ・ボイ”を唱和して本日の予定曲を終了しました。

練習終了後は、例の処で諸々反省会。“アカペラサークルΣ”の3名も加わり 14名の参加で久し振りに大人数の集いでした。

< 連絡事項 >

①石田総務G長より
  山田会長の近況「メール配信」として 6/25(日)に緊急入院され ましたが7/9(日)に無事退院され、その後自宅療養中との事でした。

②小谷FC3実行委員長より
  FC3の演奏会は2018年7月7日(土)会場として、品川区立総合区民会館「きゅりあん」小ホールに確定した。

③仲野合宿実行委員長より
  FC3に向けての「合宿」を計画中で、大学の施設 富士学寮(富士吉田市)を第一候補に上がっているとの事。

④その他:
  FC3開催のおり、八王子キャンパス学生に依る“アカペラサークルΣ”の出演(校歌+若干)を検討中との事。      
- 以上 -

【2017年7月22日練習風景】
2017年07月22日練習-01
2017年07月22日練習-02
2017年07月22日練習-03
2017年07月22日練習-04パノラマ写真
2017年07月22日練習-05
2017年07月22日練習-06
2017年07月22日練習-07


【2017年7月22日懇親会風景】
2017年07月22日練習-08
2017年07月22日練習-09
2017年07月22日練習-10
2017年07月22日練習-11
2017年07月22日練習-12
2017年07月22日練習-13
2017年07月22日練習-14
2017年07月22日練習-15
2017年07月22日練習-16
2017年07月22日練習-17




【注】グリークラブOB会の掲載記事にご意見・コメントまた事務局に連絡したい事があれば下記バーの「コメント」をクリックして下さい。バーの下にコメント投稿欄が表示されますので各項目に入力して送信願います。

2017年7月1日練習報告

2017 - 07/03 [Mon] - 21:15

工学院大学グリークラブOB会
7月1日(土)練習報告

2017.7.3 B1PM  廣住禎彦

各位殿
 上記練習報告をいたします。
 参加者
  T1:7名 鷲尾、小谷、田村、鈴木(均)、知念、田中、内山
  T2:3名  小笠原、仲野、長谷川
  B1:5名  赤沼、久保、酒井、鈴木(康)、廣住
  B2:4名  角田、西尾、蓮見、早川
                        合計19名でした。
2017年07月01日練習-01 いつものように、田村氏の音頭でラジオ体操&ストレッチ。
 指揮者鈴木(均)氏による発声練習に続いて、「校歌」を歌う。
 続いてロシア民謡より、
  ・「アムール河の波」。71小節の5括弧からを繰り返し練習です。
   6括弧に入ってからの、「平和~」の個所、T1はきっちりそろえましょう。
  ・「コサックの子守唄」は、T2、B1、B2の音取り。まだまだ、この三パートは歌えていません。

2017年07月01日練習-06 指揮者赤沼氏に変わり「水のいのち」です。
  ・「雨」…T1、「ふりしきれ、あめよ~」は、音を切らずに、音を繋げてその中に言葉を入れていく感覚で。「持続性のある発音」をお願いします。B2、声をまとめて。
   全パート、言葉が無くても音楽が成立するように歌うこと(管弦楽の様に…)。 
   T2、P8の「たちかえらせよ」の音とリズムに注意。B1、P7の下段1小節目、音に注意。
2017年07月01日練習-09  ・「水たまり」…「だが、わたしたちにも」の「だが、」は温かく。決して、突き放さないように。
  ・8/19のピアニスト練習まで、7/22の練習のみ。早出の練習をして、頑張りましょう。

 最後に指揮者知念氏です。残り時間が少なくなったので、「Ave verum corpus」を軽く歌って本日は終わりです。

「連絡事項」
2017年07月01日練習-05  ・第3回ファミリーコンサートは、長谷川氏のご尽力により、
   2018年7月7日(土)に大井町「きゅりあん」で開催することが
   決定しました。あと、一年。頑張りましょう。

2017年07月01日練習-04  ・今年(2017年)の八王子祭は、10月7日(土)になりました。
   今年は、学生のサークル「アカペラサークルΣ(シグマ)」と
   一緒に校歌を歌うことも考えているそうです。
- 以上 -


【2017年7月1日練習風景】
2017年07月01日練習-01
2017年07月01日練習-02
2017年07月01日練習-03
2017年07月01日練習-04
2017年07月01日練習-05
2017年07月01日練習-06
2017年07月01日練習-07
2017年07月01日練習-08
2017年07月01日練習-09

【2017年7月1日懇親会風景】
反省会・懇親会風景の写真は残念ながら撮り忘れていました。

【注】グリークラブOB会の掲載記事にご意見・コメントまた事務局に連絡したい事があれば下記バーの「コメント」をクリックして下さい。バーの下にコメント投稿欄が表示されますので各項目に入力して送信願います。

 | ホーム |  »

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

QRコード

QR